保証金って何のために支払うの?韓国の賃貸制度について解説!

韓国不動産情報

韓国には日本とは異なる独特の賃貸制度があります。

その中でも留学生にとって一番負担になるのが保証金制度ではないでしょうか?この記事では韓国の賃貸制度を説明した後に、保証金やそのほか入居にかかる費用について解説していきます♪

韓国の賃貸制度

韓国で家を借りる方法として大きく分けるとウォルセ(원세)・チョンセ(전세) の2通りの方法があります。1つずつ詳しくみてみましょう。

韓国のウォルセについて

韓国のウォルセとは、入居時に保証金を支払い毎月家賃を継続して支払い続ける契約のことを言います。留学生が住むワンルームやオフィステルは一般的にこの契約方法が多くみられます。

ウォルセでお部屋を借りる場合はチョンセに比べて保証金が少額という点が特徴です。少額といっても平均して500万ウォン~1000万ウォンは預けないといけないのですが…

また保証金を多く預けることで毎月の家賃を減額する交渉をすることが可能です。保証金を高額にし、少額の家賃を支払うことをパンチョンセ(반전세)と呼ぶ場合もあります。

韓国のチョンセについて

韓国のチョンセとは契約時にまとまった金額(ソウルなら2億ウォン~3億ウォン)を大家さんに預けることで毎月の賃料を支払わなくてもよい契約のことを言います。またこのチョンセでは退室する際に預けた金額が全額返金されるという点が特徴です。つまり、実質家賃は無料!

韓国独特の不動産契約であるチョンセはなぜ実質無料で住むことができるのか、それは大家が入居者から預かったお金を銀行に預けて利子を得たり運用したりすることが一般的だからです。

また預ける金額が大きい上に大家が運用することに対してリスクがないわけではないので、当社では必ず預けたお金が戻ってくるように日本語堪能な公認仲介士(日本でいう宅地建物取引士)が法的な権利の設定を致します。

韓国で部屋を借りるときに支払うお金について

韓国でお部屋を借りるためには大家に対して入居前に保証金の全額を、入居中には毎月継続して家賃と管理費を支払う必要があります。それぞれのお金は一体何のために支払わないといけないのか1つずつ見ていきましょう。

韓国での保証金とは?

日本ではあまり聞きなれない保証金ですが、韓国でお部屋を借りるときはほとんどの場合で保証金を支払わなければいけません。この保証金もソウルだと平均500万ウォン~1000万ウォンと高額で、留学生にとっては結構負担に感じますよね。

では一体何のために保証金を支払うのでしょうか?大きく分けてつの理由があります。

理由1:家賃の未払いや家の修繕に充てるため

保証金を預けなければいけない最大の理由がこの家賃の未払いや家の修繕に充てるためです。簡単に言うと日本の敷金にあたります。

ですが、日本の敷金に比べると韓国の保証金は平均500万ウォン~1000万ウォンとかなり高額ですよね。その理由は、韓国で家を借りるとき保証人を立てたり保証会社を利用する必要がないためです。例えば、入居者が家賃を滞納したときは日本だと保証人や保証会社に滞納した家賃を請求することができますが、韓国ではそういった保証人や保証会社がないため全て保証金から支払われることになるのです。

理由2:銀行に預けて利子を得るため

チョンセと同じように入居者から預かった保証金を銀行に預けて利子を受け取ったり、運用して配当を受け取る大家もいます。そのため昔から韓国の不動産では保証金を多く受け取る習慣があるのです。ですが近年は銀行の利子もさがりつつあるため保証金を下げて家賃を上げる大家さんも増えつつあります。

保証金が大家によって運用されるって大丈夫なの?と不安に思われる方も多いと思いますが、当社では預けた保証金が返ってくるように保証金に法的な保護を設定することをおすすめしております。日本語堪能な公認仲介士(日本でいう宅地建物取引士)が日本語でご案内いたしますので、ご安心ください。

このように大きく分けて2つの理由で韓国でお部屋を借りるときは保証金を支払わなければいけません。当社では保証金なしの物件のご紹介や保証金が安くなるように大家さんと交渉することも可能です。保証金でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

韓国での家賃とは?

韓国でお部屋を借りるときに支払う家賃はそのお部屋の使用料として大家さんに支払います。家賃については日本とほとんど変わりありません。

支払い方法は毎月一回決められた日に契約書に記載がある口座へ振り込みます。ワンルームの場合自動引き落としではなく振り込みがほとんどですので忘れないように注意しましょう!また、3ヶ月だけなど短期の場合は入居前に保証金と一緒に入居期間の家賃全額を振り込む場合がほとんどです。

韓国での管理費とは?

管理費は毎月家賃と合わせて大家さんに支払います。ワンルームの場合平均5万ウォン~7万ウォン、オフィステルの場合平均10万ウォン~15万ウォンを支払います。

管理費に含まれる項目は物件によって異なりますがワンルームは共同エリアの掃除費、共同エリアの電気代が含まれている場合がほとんどです。また最近は水道代やインターネット代、ケーブルテレビ視聴料が含まれている物件も増えてきています。

一方オフィステルの管理費は共同エリアの掃除費、共同エリアの電気代のほかに管理室の運営費用や警備員の人件費、自室で使用した光熱費が含まれている場合がおおく、そのためワンルームと比べると管理費が高く設定されています。

管理費の項目に何が含まれているのかしっかりとチェックしてから契約することで毎月の出費を抑えることができます!

韓国で部屋を借りるときに支払う仲介手数料について

韓国でお部屋を借りるときにはその部屋を紹介した不動産に手数料を支払います。金額は紹介した不動産によって異なりますが、当社では仲介手数料とコンサルティング手数料としてお家賃1ヶ月分を頂戴しております。

仲介手数料は当社所属の公認仲介事務所がお部屋探しから契約書作成などの賃貸契約にかかわる全ての業務の費用として、コンサルティング手数料は通訳翻訳業務やご入居中のアフターサポート・トラブル解決など生活に関する全ての業務の費用として頂戴しております。

当社の仲介手数料については下記の記事をご参照ください。

韓国現地不動産と日系不動産のメリットデメリット!契約で気を付けるポイントも解説
韓国でお部屋を契約するときに、多少韓国語ができる方は「現地不動産と日系不動産どっちで契約しよう?」と迷われる方もいらっし...

韓国でお部屋を借りるときに疑問に思うことやよくわからないことがあればいつでもお気軽にご相談ください!もちろん契約するまで費用は一切かかりません。皆様からのご連絡お待ちしております^^

💡選ばれるポイント💡

保証金0のご相談OK
短期入居のご相談OK
ソウル・仁川全域に対応
日本で内見・契約ができる
安心の無料アフターサポート

サポート料金
(全て税別)
コシウォン 一律25,000円
ワンルーム お家賃1ヶ月分
ホームステイ 17,000円
シェアハウス お問合せ
銀行口座開設 5,000円
携帯電話契約 問合せ
出入国管理局 10,000円
空港ピックアップ 10,000円~17,000円
お布団購入 詳細ページ参照
ベッド購入 詳細ページ参照
家具購入・レンタル 詳細ページ参照
タイトルとURLをコピーしました