【留学情報】
高校生の短期韓国留学!
高校生OKの語学堂をご紹介!

スタッフブログ

韓国ソウルの日系不動産ネクストワンコリアです。

最近は春休みや夏休みなど日本の学校の長期休みを利用して高校生で韓国留学に挑戦する方もどんどん増えてきているように思います。

韓国の語学留学といえば語学堂を選ぶ方が多いと思いますが、ほとんどの語学堂は高校生を受け入れていないのが現状です…ですが、ごくわずかではありますが高校生を受け入れている語学堂もあるんです!


この記事では、高校生の受け入れOKな語学堂を紹介していきます!

梨花女子大学 言語教育院

まず一つ目はこちら!日本でも有名な梨花女子大学の語学堂です。

韓国で最初の女子大学であり政治家や作家など多くの著名人を輩出しています。また語学堂の授業にも定評があり正規過程、短期過程ともに梨花女子大学語学堂のオリジナルテキストを使用します。

この梨花女子大学言語教育院では短期コースのみ高校生の学生を受け入れています。

中国の学生が若干多いものの、国籍に偏りがないようにクラス編成を行っているそうで日本人は1クラスにつき2~3名の場合が多いようです。(※年度により若干のばらつきがあります。)

プログラムについて

高校生の学生も受け入れている梨花女子大学短期コースのプログラム内容についてご説明していきます。

プログラム内容
全授業時間 60時間
開講時間 平日14:00~17:50
開講レベル 1~4級
クラス人数 15名前後
文化体験授業 2回

土・日は授業がないので自由な時間を過ごすことができます。

授業料について

授業料

入学金:6万ウォン※1
授業料:84万ウォン※2

※1入学金は梨花女子大学言語教育院にはじめて通う場合のみ支払います。
※2文化体験授業2回分の費用込みの値段です。

入学資格

入学資格

高校在学以上の男女外国人、在外同胞

ほとんどの語学堂が高校卒業以上を入学資格としている中で、梨花女子大学は有名校にも関わらず高校在学以上の外国人または在外同胞であれば入学できます。

短期過程の開講時期は?

気になる開講時期を早速チェックしましょう!

※梨花女子大学言語教育院の公式HPからの引用です。留学エージェントを通して申し込む場合は各留学エージェントの申込締切に従ってください

2020年春1次 終了
2020年春2次 終了
2020年夏1次 7/2~7/20
(申込期限:6/24)
2020年夏2次 8/5~8/21
(申込期限:7/24)
2020年夏3次 9/3~9/21
(申込期限:8/26)
2020年冬 2021/1/29~2/18
(申込期限:2021/1/21)

春1次や夏2次は高校の長期休みと期間が重なっているので韓国短期留学にはピッタリのプログラムですね♪

建国大学 言語教育院

2つめの語学堂は、こちら!建国大学の語学堂です。

建国大学は多数のプロスポーツ選手や俳優・女優を輩出しており最近だとBTSのジンさんやTWICEのナヨンさんの出身校としても有名です。

この建国大学言語教育院も夏の短期過程に限り高校生の学生を受け入れています。

プログラムについて

建国大学の短期過程は夏と冬に開講され、受講できる期間を選ぶこともできます。

初めての留学だから短めがいい、韓国にできるだけ長くいたいから長めがいいなど留学期間を選べるのも嬉しいポイントですね。

プログラム内容
【夏】1週間過程 全6日20時間
【夏】2週間過程 全11日40時間
【夏】3週間過程 全15日間60時間
【冬】1週間過程 全5日間30時間
【冬】2週間過程 全10日間60時間
開講時間 9:00~12:50
開講レベル 1~6級
クラス人数 15名

授業料について

授業料
入学金 5万ウォン(共通)※1
【夏】1週間過程 文化体験あり26万ウォン
文化体験なし36万円ウォン
【夏】2週間過程 文化体験なし50万ウォン
文化体験あり70万ウォン
【夏】3週間過程 文化体験なし66万ウォン
文化体験あり91万ウォン
【冬】1週間過程 文化体験あり32万ウォン※2
【冬】2週間過程 文化体験あり64万ウォン※2

※1入学金は初めて建国大学の語学堂に通う場合のみ支払います
※2冬短期過程は授業料内に文化授業料が含まれます

建国大学言語教育院の文化体験プログラムは伝統芸能を現代風にアレンジしたものやほかの学校とは一風変わった体験ができると学生から人気だそうです。興味のある方はぜひ文化体験も一緒に申込してみてください^^

入学資格は?

入学資格

中学卒業以上

建国大学言語教育院の短期過程では中学を卒業していれば受講することが可能です!

短期過程の開講時期は?

気になる開講時期を早速チェックしましょう!

※建国大学言語教育院の公式HPからの引用です。留学エージェントを通して申し込む場合は各留学エージェントの申込締切に従ってください

2020年
夏1週間過程
8/5~8/12
2020年
夏2週間過程
8/5~8/19
2020年
夏3週間過程
8/5~8/25
2020年
夏申込締切
7/10まで

2020年冬学期のスケジュールはまだ発表されていないため、掲示があれば随時更新します。

高校生の韓国留学、宿泊先はどうする?

高校生の短期留学で1番の心配が宿泊先の手配だと思います。

梨花女子大学、建国大学とに語学堂に通う学生向けに寮の募集もありますがそのほとんどが先着順です。

ではもし寮の先着順に間に合わなかった場合は…?

学生寮以外でおすすめの滞在先

高校生の韓国留学の場合、当社ではハスク(下宿/하숙)やホームステイをおすすめしております。

ハスク(下宿)は住み込みのアジュンマ(寮母さん)が食事の準備をしてくれる学生向けの住まいのことを指し、昔から地方からソウルに上京してくる学生の住まいとして親しまれています。保証金はなく毎月の家賃は45万ウォン~50万ウォンが一般的です。平日2食もしくは3食提供されることが一般的で週末は各自で準備したり外で食べたりします。

ハスクについての記事はコチラ※記事公開後リンクされます

ホームステイは日本人留学生の間ではまだまだ一般的ではないようですが、韓国の家庭を体験できるため諸外国の学生からは人気があります。当社でご紹介しているホームステイは1泊$50で食事1食につき$10追加で支払います。ハスクよりも費用は嵩みますがホストファミリーが韓国での保護者として韓国生活をサポートしてくれるので、未成年の方や初めての韓国生活で不安な方にはおすすめの滞在先です。

ホームステイについての記事はコチラ※記事公開後リンクされます

おすすめできない滞在先

高校生の韓国留学で滞在先としておすすめできない滞在先は、ずばりコシウォンです。まずコシウォンは高校卒業以上でないと受け入れてくれない場合が多いですが、食事が提供されないという点また、寮母さんやホストファミリーのように生活の面倒を見てくれる人がいないという点でおすすめできません。

ハスクやホストファミリーの場合は寮母さんやホストファミリーと同じ家で生活することになるので家に帰ってこないなど異変に対してすぐに気づくことができます。

そのためまだ高校生の方にはコシウォンではなくハスクやホストファミリーをおすすめしております。

お申込みについて

当社ではハスク、ホストファミリーをご希望のお客様のみ学校の手配も承っております。学校申請のみ、学校+寮の申請のみのお客様はお断りしておりますので予めご了承くださいますようお願い致します。

お問合せ、ご質問などはお気軽にどうぞ^^

💡選ばれるポイント💡

保証金0のご相談OK
短期入居のご相談OK
ソウル・仁川全域に対応
日本で内見・契約ができる
安心の無料アフターサポート

サポート料金
(全て税別)
コシウォン 一律25,000円
ワンルーム お家賃1ヶ月分
ホームステイ 17,000円
シェアハウス お問合せ
銀行口座開設 5,000円
携帯電話契約 問合せ
出入国管理局 10,000円
空港ピックアップ 10,000円~17,000円
お布団購入 詳細ページ参照
ベッド購入 詳細ページ参照
家具購入・レンタル 詳細ページ参照
タイトルとURLをコピーしました