オンライン在留届の提出方法とたびレジの登録方法を解説!

スタッフブログ

韓国に限らず海外に滞在するときは、3ヶ月以下の場合は旅レジに登録を、3ヶ月以上の場合はオンライン在留届の提出をすることで、各国に駐在する日本の大使館や領事館から無料でその国・地域に関する情報や危険情報などをメールで受け取ることができます。

滞在先の言葉が流暢でニュースや新聞から情報を問題なく得られる場合は別として、日本語でその国の情報が得られるのは非常に助かりますよね。

また、もしも大きな災害や事故などが起こった場合、在留届やたびレジを基に安否確認を行う場合もあります。これらの外務省が提供するサービスに登録することで、自分だけでなく日本にいる家族や保護者も安心することができるのではないでしょうか。

この記事では、外務省が提供するオンライン在留届の概要や提出方法、たびレジの概要や登録方法について説明します。

韓国に3ヶ月以上滞在する方はオンライン在留届

韓国に留学やワーキングホリデーなどで3ヶ月以上滞在予定のある方は在留届の提出が義務付けられています。

オンライン在留届どは何か、なぜ出さないといけないのか、提出方法について説明していきます。

オンライン在留届とは

簡単に説明すると在留届を提出することで韓国にある日本大使館に私は韓国のここに住んでいますよ、連絡先はここですよ、住所はここですよということを知らせる役割があります。

日本国籍を有する人は旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する場合、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられています。従来の郵送やFAXで提出する方法に加えて、オンラインで簡単に提出することが可能です。

また在留届を提出することで登録した連絡先に大使館から日本語で最新の安全情報をメールで受け取ることができます。また、現地の大使館・総領事館では、大規模な事件・事故、テロ、自然災害等緊急事態が発生した場合、緊急事態の発生をメールでお知らせし、注意を呼びかけます。

実際にスタッフに届いた韓国にある大使館からのメールです。

なぜオンライン在留届をださないといけないのか

各国に駐在する大使館はその国の国交に関する業務だけでなく、その国に滞在する日本人の安全にかかわる業務も行います。例えば韓国滞在中に大きな自然災害が起こった場合、巻き込まれた日本人はいるか、日本人のけが人はいるか、日本人の死者はいるかなどを迅速に確認し、提出したオンライン在留届をもとに安否確認を行います。

万が一韓国にいる日本人に何かあった場合はその日本人の日本にいる家族にも連絡を取ることができます。

オンライン在留届の注意点

オンライン在留届を提出するときは滞在国の住所を入力しなければいけません。オンライン滞在届けは韓国での住所が決まってから提出しましょう。

また引っ越して住所が変わった場合、電話番号が変わった場合は変更届を帰国する場合は帰国届けを提出しなければいけません。提出を怠ると万が一場合の安否確認に時間がかかり他の在韓日本人の安否確認にも影響がでる場合があります。

オンライン在留届の提出に必要な情報

オンライン在留届を提出するときは正確な情報を提出する必要があります。入力する前に、下記の情報が揃っているかどうか確認しましょう。

準備するもの

パスポートの番号/本籍地がわかるもの
自宅等連絡先(住所、電話・携帯・FAX、メールアドレス)
緊急連絡先(住所、電話・FAX・メールアドレス)
日本国内連絡先(住所、電話)
同居家族連絡先(同居家族がいる場合のみ)

オンライン在留届の提出方法

必要な情報が揃ったら、早速提出しましょう。所要時間は約5分ほどです。

まずは外務省のページにアクセスします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

在留届を提出するをクリック

一番下までスクロールしてクリック。ちなみに住所が変わったときや帰国するときは右隣の変更届・帰国届けを提出するから変更内容を提出します。

プライバシーポリシーに同意し、メールアドレスを入力します。このメールアドレスが利用者IDとなります。

入力したメールアドレスに仮登録のメールが届きます。メールに記載されているURLからアクセスしてください。

メールに記載されたURLをクリックするとパスワード入力画面に移ります。ここで任意のパスワードを入力してください

パスワード登録後、お住まいの国と地域を選択するページに移ります。まずは大韓民国を選択して、したのプルダウンから住んでいる地域を選択してください。

大使館の管轄を確認し、次へをクリック。

具体的な内容を入力していきます。メールマガジンは韓国のデモ情報や危険地域情報、今の時期だと新型コロナウイルスの情報など韓国で生活している日本人にとってはかなり大切な情報源ですので登録しておくことをおすすめいたします。

家族がいる場合は追加で家族の情報を入力しますが留学生、ワーホリの場合は家族が一緒ではないと思いますのでそのまま進みます。

入力を終えたら、確認をクリックしてすすみます。

入力確認ページで入力した内容を確認し…一番したまでスクロールして送信をクリック。

登録したメールアドレスに受付完了のメールが来たことを確認してください!これでオンライン在留届提出は終了です。

韓国に3ヶ月未満滞在する方はたびレジ

旅行を含み、韓国に3ヶ月未満滞在する方はたびレジという外務省が提供しているメールマガジンサービスに登録することができます。※義務ではなく任意です。

また韓国に滞在していなくても興味があるから登録したいという方も登録ができます。

たびレジとは

旅レジに登録すると、現地の大使館・総領事館から日本語で最新の安全情報をメールで受け取ることができます。また、現地の大使館・総領事館では、大規模な事件・事故、テロ、自然災害等緊急事態が発生した場合、緊急事態の発生をメールでお知らせし、注意を呼びかけます。

実際にスタッフに届いた韓国にある大使館からのメールです。

韓国語初級レベルで韓国のニュースや新聞を理解するのが難しい方でも大使館が日本語で配信してくれるのでとても助かりますよね…

たびレジ登録の注意点

たびレジの役割はあくまでも滞在国・地域での大規模な事件・事故・テロ、自然災害緊急事態が発生した場合に現地の大使館から緊急事態の発生をお知らせし、注意を呼び掛けるサービスです。被害の状況によっては安否確認のために登録した連絡先に連絡が来ることもありますが、基本的に海外では自分の身は自分で守るという意識をもって安全対策に努めるように呼び掛けています。

たびレジの登録に必要な情報

たびレジに登録するときは実際に旅行に行く方渡航はしないが情報が欲しい方によって登録する情報が若干異なります。

実際に渡航する方

渡航国・地域
渡航期間
名前、メールアドレス、電話番号など

渡航しないが情報が欲しい方

情報を希望する国・地域
メールアドレス

たびレジの登録方法

まずは外務省のページにアクセスします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

旅レジに登録するをクリック

新規利用者登録をするをクリック

プライバシーポリシーに同意したあとメールアドレスを入力しメールアドレスを登録をクリック

入力したメールアドレス宛に旅レジ登録のご案内メールが届きます。記載されたURLに24時間以内にアクセスしてください。

任意のパスワードを入力します。

韓国を選択し、プルダウンから滞在する都市を選択します。次へをクリック。

各情報を入力し入力した内容を確認をクリック

入力した内容に間違いがないか確認し、入力した内容で登録をクリック

このページが出たら登録完了です!

最後に

この記事を書いているスタッフも早くて正確な大使館からのメールには非常に助かっています。

旅行を含めて、韓国に滞在するときはぜひ、在留届の提出もしくはたびレジへの登録をお忘れなく!

たびレジ・在留届に関するお問い合わせは外務省までお願いいたします。

💡選ばれるポイント💡

保証金0のご相談OK
短期入居のご相談OK
ソウル・仁川全域に対応
日本で内見・契約ができる
安心の無料アフターサポート

サポート料金
(全て税別)
コシウォン 一律25,000円
ワンルーム お家賃1ヶ月分
ホームステイ 17,000円
シェアハウス お問合せ
銀行口座開設 5,000円
携帯電話契約 問合せ
出入国管理局 10,000円
空港ピックアップ 10,000円~17,000円
お布団購入 詳細ページ参照
ベッド購入 詳細ページ参照
家具購入・レンタル 詳細ページ参照
タイトルとURLをコピーしました