【韓国情報】
短期入居ができるワンルームについて

こんにちは。ネクストワンです✨

新学期も近くなり、お部屋探しのご依頼をたくさんいただいております。
なかでも、1年以下の短期契約についてご質問いただくことが多いため、今日は短期契約の仕組みについて少し解説します

短期契約と一般契約

短期と聞くと、1ヶ月や3ヶ月の契約をイメージされる方も多いと思いますが…

韓国では1年以下の契約は全て短期契約となります‼

一般契約(1年契約)は何の問題もなく借りることができるのですが、短期契約は一般契約に比べると借りる際に注意する点が多いです💦

例えば、一般契約に比べて短期契約は物件数が少なかったり、エリアが限られたりします😲(下で詳しくお話します)

短期契約のしくみ

先ほど、一般契約に比べて短期契約は物件が少なかったり、エリアが限られるというお話をしましたが、その理由をご説明します💁

短期契約は基本的に空き部屋を短期で契約させてもらえるように交渉することが前提となります

日本と同じように、ワンルームに短期で住む韓国人ってなかなか多くはないんです💦

短期契約はイレギュラーな契約とも言えます。

また大家さんは家賃収入を得て生活をしているため、できるだけ長期間住んでくれる人を優先して契約します

特に、2月3月の新学期シーズンは韓国人・留学生共に長期での入居者が多いため短期契約での物件を探すのがとても難しい時期となります

短期契約の家賃と保証金

短期契約の際に、家賃と保証金がどうなるのか気になりますよね🤔

様々なパターンがありますが、一般的には以下の2通りです

①家賃を高く、保証金を安く
②家賃を全額前払いで保証金を0に

保証金が安いのはとても魅力的ですが、家賃全額を入居前に前払いする必要があるので注意が必要です ⚠

短期契約できる物件

実際に契約できる物件の種類についてご説明します💁

ワンルーム

学生街に多い、いわゆる学生が一人暮らしをする部屋のことを指します

ワンルームは基本的に1年契約が一般的ですが、空き部屋がある場合は短期契約の交渉ができる場合があります。

ワンルームはフルオプションと言って、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、机、椅子、ベッド、クローゼット、靴箱がある場合が多くさらにテレビや電子レンジがある物件もあります✨

オフィステル

日本では聞きなじみがないオフィステルですが、商業利用も可のお部屋のことをオフィステルと言います

オフィステルは事務所としても居住用としても契約できる物件で1ヶ月からの契約ができる場合もあります✨

オフィステルタイプのお部屋も期間や条件によって異なるため、カウンセリングを通して物件探しのスケジュールを決めてきます。

また、オフィステルには冷蔵庫、洗濯機、エアコン、クローゼット、靴箱がある場合が多く、ベッドなどの必要な家具は自分でそろえる必要があります。

ネクストワンでは家具の販売もしておりますので、必要な際はお気軽にお問合せくださいませ

ネクストワンのワンルーム

ネクストワンでは「いつでも」「何カ月でも」「保証金なしで」ご入居いただけるお部屋がございます♡

物件詳細はこちら(記事公開後リンクされます)をご覧くださいませ

さいごに

いかがでしたでしょうか?

短期でのお部屋探しを検討されている方の参考になれば幸いです♡

また、韓国語ができても現地不動産で短期入居の物件を探されのは交渉なども含めてとても大変だとおもいます💦

是非お困りの際は不動産のプロであるネクストワンにお任せください👍

 

💡選ばれるポイント💡

保証金0のご相談OK
短期入居のご相談OK
ソウル・仁川全域に対応
日本で内見・契約ができる
安心の無料アフターサポート

サポート料金
(全て税別)
コシウォン 一律25,000円
ワンルーム お家賃1ヶ月分
ホームステイ 17,000円
シェアハウス お問合せ
銀行口座開設 5,000円
携帯電話契約 問合せ
出入国管理局 10,000円
空港ピックアップ 10,000円~17,000円
お布団購入 詳細ページ参照
ベッド購入 詳細ページ参照
家具購入・レンタル 詳細ページ参照
タイトルとURLをコピーしました