【最新版】韓国ワーホリビザの申請方法と必要書類総まとめ!記入例も

スタッフブログ

ネクストワン【@next1students】です

この記事では韓国でワーホリビザを申請したスタッフが最新のワーホリビザ申請方法と必要書類をまとめています!韓国でワーホリを考えているけど、何から始めればいいの?という方のお役に立てれば嬉しいです。

ワーホリビザの条件は?

1年間韓国に滞在できるワーホリビザですが、申請に必要な書類の説明の前にま、まずは申請条件や禁止事項などを確認していきましょう!

ビザの基本情報

年齢制限 18歳~30歳以下
※申請時に30歳であれば渡航時に31歳でもOK
国籍 日本に居住する日本国民
有効期限 ビザ発給日から3ヶ月
※ビザ発給日から3ヶ月以内出国しなければいけません
ビザのタイプ シングル
※再入国許可申請をせずに一時帰国などで出国するとビザが失効します。
滞在期間 12か月
就労の期間制限 なし
語学研修 可能・期間制限なし
家族同伴 不可

過去、ワーキングホリデービザはマルティプルビザといい、外国人登録をしたあとは自由に一時帰国や海外旅行などで出国することができましたが、現在はシングルビザといい、再入国許可を申請せずに出国した場合はビザの効力が失効します。

ワーホリビザの発給要件

日本に居住する日本国民であること
韓国滞在の主目的は観光であり、期限有効なパスポートと往復航空券を有していること
一定期間(3ヶ月)の生計を維持するための資金を所持していること
健康であること
以前に本件ワーキングホリデー制度を利用していないこと

ワーホリビザの禁止事項

ワーホリビザに就労時間の制限はありませんが韓国の法律上またはワーキングホリデー制度の精神に反する職業に従事することは禁止されています。下記の職業に従事しようとする方はビザを取得することができませんので注意が必要です。

-ホスト/ホステスなどの接待業

-ダンサー、歌手、ミュージシャン又はアクロバット

-一定の資格を要する専門職種(医者、弁護士、教授、パイロット等)

-会話指導講師(ワーキングホリデー制度で韓国に滞在中に会話指導を希望する場合、ワーキングホリデービザ(H-1)を会話指導ビザ(E-2)に変更しなければなりません)

-取材、宗教、研究又は技術指導

引用:駐札幌大韓民国HP

上記に該当する職業に従事していることが明らかになった場合、強制退去(強制送還)の措置が取られ数年間の入国禁止が言い渡される場合があります。せっかく韓国で過ごしているのに、そのようなことになってしまったらとても残念ですよね…くれぐれも注意してください。

申請に必要な書類一覧

査証発給申請書
旅行日程・活動計画表
顔写真(カラー)
パスポート
往復航空券のEチケット
預金残高証明書
在学証明書または卒業証明書

参照:駐日本国大韓民国大使館ホームページ

一つずつ詳しく解説していきます。

査証発給申請書

査証発給申請書とはビザの申請書のことで、人的事項(名前、生年月日など)やパスポート情報を記入して提出しなければいけません。申請書のダウンロードは大使館のHPからダウンロート可能です。この申請書は大使館や領事館にもおいてあるので、現地で記入することもできます。(私は落ち着いて記入したかったのであらかじめダウンロードして記入していきました。)

駐日本国大韓民国大使館ホームページ

ワーホリの申請書は(General)の方です!

数年前までは韓国語と英語のみでしたが、最近は日本語と韓国語併記の物が準備されているのであまり問題ないかと思いますが、念のため記入例も載せておきます

申請書は日本語・韓国語・英語どの言語で記入しても大丈夫です。

旅行日程・活動計画表

旅行日程・活動計画表は何のためにどんな目的をもって韓国で1年過ごすのかということを表明するために提出しなければいけません。(私はこれが一番面倒でした笑)

書式や文字数なども特に決まっておらず言語も日本語・韓国語・英語どれでもOKです。ただし、下記の内容が計画表に含まれていなければいけません。

1.入国・帰国の日時
2.申請同期及び理由
3.月ごとの計画
4.帰国後の計画

さらに、手書きでもPCで作成してもどちらでも大丈夫です^^

因みに私が提出した計画書が下記の画像です…かなり韓国語もひどいので公表するか迷いましたが、これくらいのクオリティでも申請通りますよ!という指標になれば幸いです。


1年間ぎっしり旅行に行く程で計画書を作成しましたが実際はほとんどソウルで遊んでいました。計画書や日程表は作成した通り実行しないといけない!ということはありませんので、提出用に計画を立てて入国後は自由に過ごしても全く問題ありません。

1年間ぎっしりと旅行計画を立てて計画書を作成した理由は、ワーキングホリデービザ=観光就労ビザという名の通り、観光のために一時的に就業するという目的のビザなので、旅行を頻繁に計画書に入れるとビザが通りやすいという噂を聞いていたからです。

また韓国大使館のHPでも韓国滞在の主な目的は観光であることが発給の条件とされており、もっぱら就業だけに専念する方はワーキングホリデービザは取得できないと明記されていますのでご注意くださいね。

カラーの顔写真

申請書の1枚目に張り付けて提出します。下記、提出できる顔写真の規格です。

サイズ:3.5㎝×4.5㎝
背景:白
※フルカラーで3ヶ月以内に撮影したもの

インスタント証明写真機で撮影したものでも、写真館で撮影したものでもどちらでもOKです^^また服装も自由で問題ありません

ちなみに外国人登録証の申請をする際にも同じ規格の顔写真が必要です。再撮影するのももったいないので、外国人登録の時まで保管しておくと便利です。

パスポート

ビザを申請するときはパスポートも一緒に提出しなければいけません。ビザが出るまではパスポートを大使館もしくは領事館に預けている状態になりますのでその間は海外旅行にはいけません。注意しましょう。

またパスポートの残存期間が6ヵ月以上残っていないと受け付けてもらえません!残存期間が足りない場合はパスポートを更新してからビザを申請してくださいね。

往復航空券のEチケット

往復の航空券を予約した証明としてEチケットも提出しなければいけません。提出できるEチケットの条件は下記の通りです。

帰国日が出発日から6ヵ月後以降のチケットであること

つまり1年滞在予定でも、入国日から6か月後のチケットを準備しておけば問題ありません。一般的には各空港会社が提供しているオープンチケット(有効期間内であれば帰国日を自由に変更できるチケット)を準備する方も多いようですが、私の場合は旅行サイトから一番安いチケットを購入しました。因みに、往路と復路が別の航空会社でも大丈夫です。

正直なところ、1年後の帰国日を今すぐ決めるというのも難しい話だと思います。はっきりと帰国日が決まっていない場合はキャンセルできるか予約日を変更できるチケットを一旦予約して、ビザ申請後に変更しても問題ないようです。

預金残高証明書

ワーキングホリデービザは入国後すぐからアルバイトをすることができますが、それでもある程度の資金力を証明しなければいけません。残高証明書の条件は下記の通りです。

25,000米ドル以上もしくは30万円以上
※発行から3ヶ月以内の原本であること
※口座の名義が父母の場合は親族関係が確認できるものも提出

残高証明書はご自身が利用している銀行の窓口で申請することができます。手数料が銀行によりまちまちですが、500円~1000円ほどかかります。

万が一お金が足りない場合は保護者の方にお願いして一時的にお金をお借りするというのも常套手段のようです。実際私も足りない部分は両親に一時的に補填してもらい、残高証明書が発行されてからすぐお返ししました…笑

また注意したいのが、残高証明書は申請した当日ではなく申請日より1日前の残高が記載されるそうです。お金を一時的に借りて残高証明書を発行しようとしている人は、お金を入れてから1~2日後に申請するのがよさそうです!

在学証明書・卒業証明書

自分の最終学歴を証明する書類です。条件は下記の通りです。

発行から3ヶ月以内の原本
※日本語・英語どちらでもよい

在学証明書・卒業証明書の取得方法については在学中もしくは最後に卒業した学校(最終学歴)の学生課にお問合せ下さい。

大使館・領事館に訪問

必要な書類が全部揃ったら大使館・領事館に訪問しビザを申請しましょう。ビザが申請できる時間は限られているので注意しましょう!申請受付時間と開館日は下記の通りです。

開館:月~金
申請時間:9:00~11:30
※日本の祝日と韓国の国慶日、年末年始はお休みです

またビザを申請したら、通常であれば1週間程度で発給されます。(※2020年5月1日現在は新型コロナウイルスの影響で通常よりも審査時間がかかります)申請時に発給日を知らせてくれるので、その日以降に領事館にビザを受け取りに行きましょう。受け取りができる時間は下記の通りです。

開館:月~金
申請時間:13:30~16:00
※日本の祝日と韓国の国慶日、年末年始はお休みです

ご参考になれば幸いです!

💡選ばれるポイント💡

保証金0のご相談OK
短期入居のご相談OK
ソウル・仁川全域に対応
日本で内見・契約ができる
安心の無料アフターサポート

サポート料金
(全て税別)
コシウォン 一律25,000円
ワンルーム お家賃1ヶ月分
ホームステイ 17,000円
シェアハウス お問合せ
銀行口座開設 5,000円
携帯電話契約 問合せ
出入国管理局 10,000円
空港ピックアップ 10,000円~17,000円
お布団購入 詳細ページ参照
ベッド購入 詳細ページ参照
家具購入・レンタル 詳細ページ参照
タイトルとURLをコピーしました